社会保険労務士として働く自分

社会保険労務士への道は長い

社会保険労務士とはどんな資格でしょうか

社会保険労務士とはどんな資格でしょうか

社会保険労務士って聞いたことがあるかも、くらいの知識しかありません。

略称の社労士や労務士のほうが耳に覚えがあるかもしれません。

「社会保険」とついているくらいですから、やはり保険関係で労働者に関係ある仕事なのではないでしょうか。

憶測も何なので、少し調べてみました。

大筋は当たってます。

やはり、社会保険に関する法律の問題などにも詳しくなければいけないようです。

ほかには、人事・労務管理の専門家であり、個人の年金の問題にも対応できるエキスパートだそうです。

しかも、国家資格です。

国家資格なので業務に関しての法律もあるようです。

この法律に抵触すれば、資格は剥奪されます。

社会保険労務士は、会社経営にあたって、労務管理や社会保険に関する問題があれば経営者にアドバイスを送り、社会保障令や労働関連法などの書類作成、公文書などを作成できる資格だそうです。

もちろん、独立・開業もできるし、うまくいけば大企業に絡むこともできるようです。

社会保険労務士はだれの味方なのでしょう

よくテレビのドラマで悪徳社会保険労務士がいたり、正義の味方、社員の味方の社会保険労務士と両極端な役を見ます。

私の個人的なイメージですと、社労士は会社の味方な気がします。

なぜなら、企業、会社の経営者に雇われているからです。

本当のところはどうなのでしょうか。

気になるので調べてみました。

残念ながら、実際問題はやはり経営者の味方なようです。

ですが、ここで朗報。

全面的に経営者の味方ではないようです。

国家資格である社労士は、違法なことをしたり、社労士としての品位を著しく落とす行動をしてはいけないと定められているそうです。

法律を順守しなければいけないのです。

そのため、経営者が違法な行為、たとえば身体が壊れるほどの無理な残業を強いたり、違法な賃金支払いをしないような道筋を作ってあげたりするのです。

労働者の不利な状況を回避することができるのはなぜでしょうか。

社会保険労務士の資格を得る

それは、企業がリスクを負うアドバイスをするということは、社労士の首を絞めることになるからなのです。

ということで、やっぱり企業の味方ですね。

Comments are closed.